借金返済への道 【 A氏の決断 】 実録版

■ A氏との会話・・・ 

 ◇(私)・・ ところで、お父さんの、新たに見付かった年金は、
         どうなりました?
  

 ◆(A氏)・・ あ々、あれですね、先月末に、問い合わせをしたんです。

         最初に出た人は、一応、40日間は、見ておいてほしいと、
          申請書類には、書いてあるとのことでした。

         係りの者が、電話中のため、折り返し、電話をする・・

         とのことで、電話を待ちました。

 ◇(私)・・ 40日間というと、その時はまだ、1ケ月位ですかね?

 ◆(A氏)・・ そうですね。

         ただ、その折り返しすると言った電話が、3時間後です。

         しかも、4ケ月、待って欲しいというものでした。

 ◇(私)・・ 4ケ月もですか?

 ◆(A氏)・・ そうです。

         何故? と聞くと、今は、問い合わせ等が多くて、
          手が廻らないとのことでした。

         しかも、計算は、東京でする・・ とのことでした。

         後は、すいません・・ ばかりです。

         多分、その人も、4ケ月待てと言え・・ と言われて、
          それを繰り返すしか、なかったのでしょう。

         東京の、その計算をする所が、どの位、忙しいとか、
          現状、どうなっているのかなんて、判らないのでしょう。

         だから、何を聞いても、4ケ月と、すいませんしか、
          言えなかったのだと思います。

 ◇(私)・・ 社会保険庁は、その後も、基礎年金の入力ミスとか、
         ややこしい問題が、出てきていますよね。

 ◆(A氏)・・ そうですね。

         みのさんがテレビで、あれは犯罪だと、言っていました。

         本当に、いい加減だと思います。

         ただ、4ケ月掛かると言われれば、待つしかないですよね。

         そういえば、私のところに、年金特別便が、来てないんです。

 ◇(私)・・ あ々、私もですよ。

 ◆(A氏)・・ あれが届いたら、標準報酬月額(月収)を、
          確認する書類を、請求する方が、いいらしいですよ。

         給料明細を取っておいて、それと照らし合わせて、
          確認することが大切らしいです。

         年金特別便では、加入期間は確認できるはずですから、
          それも、正しいかどうか、見ておくことです。

         入力ミスもあれば、敢えて、書き換えていることもあるそうです。

         この標準報酬月額(月収)が低ければ、将来、
          貰える年金額も、少なくなるそうです。

         というのも、会社が、個人の給料からは、天引きするが、
          社会保険庁に、収めていないケースがあるとのこと。

         各地方の社会保険庁は、収めていない会社が多くなると、
          
保険料収納率という、いわば成績が悪くなり、
          上から、とがめられる。

         そこで、いかにも、収めたことにするため、額を低くして、
          処理をした。

         その結果として、加入期間や、標準報酬月額(月収)の、
          改ざんがあった・・ ということらしいです。

 ◇(私)・・ とんでもない話しですね。

 ◆(A氏)・・ 私も、テレビからの記憶だけですから、
          どんな対処の仕方があるか、調べた方がいいと思います。

**********《《 補足説明 》》**********

 ■ 社会保険庁より、27日の関係閣僚会議において、
     厚生年金の手書き台帳記録と、オンライン記録が、
     一致しない記録が1.4%あったとの報告があった。

    これは、サンプル調査でのもので、
     厚生年金の手書き台帳記録、4億件にあてはめて、
     機械的に試算すると、560万件に誤りがある計算になる。

    これは、入力ミスによるものが、大半との見方を、
     社会保険庁はしているが、保険料収納率を上げるために、
     データの改ざんが行われたことも、否定できない。

    政府は、この対応策として、電子画像データ検索システムを整備して、
     平成22・23年で、本人の申し出に基づき、記録照合を実施。

    この2年で、申し出のなかった人に対しては、
     受給者は、社会保険庁側で、順次、照合を行い、
     加入者に対しては、受給年令に、到達した時点で、
     照合を行うとしている。

    標準報酬月額(月収)に関しては、給料明細が、
     確実な証拠となるため、保存しておくことが、大切となる。

***************************

 

◆ サイト内での語句、及び、調べたいことは、下記検索をお使い下さい ◆

Google
Web_wing 関連site

    ・JRA中央競馬予想        ・JRA中央競馬 日程表及び詳細結果    ・DVハンフィクション小説

        私信/競馬考            競馬考サブサイト               ひとりでふさぎこまないで・・

    ・今日の献立に困ったら       ・Flash加工写真                 ・競馬ブログA

        教えて!! ルーレット          Display                    私信/競馬考 

    ・最終レース直前予想        ・DVブログ                     ・フィクション小説

        BLOG 私信/競馬考        DV相談で DV防止             天国からの警告 !! 風になって・・

Copyright (C) 2008 by Web_wing