借金返済への道 【 A氏の決断 】 実録版

■ 用語 及び 法律説明

    債務整理を行うには、一般的に、過払い金請求・任意整理

     特定調停個人民事再生自己破産があります。 

    ◇過払い金請求

       利息制限法と、出資法との利率の差額分を請求すること。

            余分に払い過ぎた利息を、返還請求することを言います。

        最近は、18%以下の年利で貸付をするところが増えましたが、

        それ以前のもので、長い返済履歴があるものは、

       過払い金が発生していることが考えられます。

        請求は、個人でも行えますが、よく判らない法的なことや、

        取引履歴の改ざんなどにも、対処が難しく、

        例え、手数料が掛かったとしても、弁護士や行政書士に、

        依頼をした方が、安心という意味においても、

        確実と思われます。

        弁護士等の手数料は、1件に対して、3〜5万、

        過払い金の、10〜20%位が、一般的なようです。

        過払い金が発生すると思われる件では、

        過払い金の返還が行われてから、差し引かれる方法が、

        一般的に取られますので、依頼時に、支払うことはないでしょう。

        また、依頼をするかどうかの段階での、弁護士等への相談は、

        30分¥5,000前後の手数料が、必要な場合がありますので、

        確認が必要です。

 

       最後に完済をしてから、10年を経過したものは、

        原則として、過払い請求が出来ません。

        しかし、10年を経過したものでも、返還を受けているケースもあり、

        これも、確認が必要です。

        完済・借入を繰り返している件に関しては、

        その間隔が、10年の開きがない限りは、

        何十年経過したものでも、請求は可能です。

        請求に関して、明細がないとか、詳細を記憶していなくとも、

        借入した会社名が判れば、請求が出来ます。

        

       また、最近は、インターネット上でも、情報なり、

        相談を受けるものが、数多く、見受けられますが、

        会社なり、情報が、正しいものなのかどうかは、

        個々で、確認をすることが、望ましいです。

        中には、疑わしいものもあることを、認識しておきましょう。

 

 参考サイト

   ■金融庁: ホームページ

 参考資料

   ■金融庁ホームページ内: 多重債務者相談マニュアル 
                     (P32〜P34)

 

◆ サイト内での語句、及び、調べたいことは、下記検索をお使い下さい ◆

Google
Web_wing 関連site

    ・JRA中央競馬予想        ・JRA中央競馬 日程表及び詳細結果    ・DVハンフィクション小説

        私信/競馬考            競馬考サブサイト               ひとりでふさぎこまないで・・

    ・今日の献立に困ったら       ・Flash加工写真                 ・競馬ブログA

        教えて!! ルーレット          Display                    私信/競馬考 

    ・最終レース直前予想        ・DVブログ                     ・フィクション小説

        BLOG 私信/競馬考        DV相談で DV防止             天国からの警告 !! 風になって・・

借金返済への道 A氏の決断 !! トップに戻る
Copyright (C) 2008 by Web_wing